カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

tantan

Coming soon!

塩原基弘〜石を磨く

【母なる地球と繋がり、石を磨く】



Polished With Love
 〜 EARTH LOVE WORKS 塩原基弘 〜

「母なる地球への感謝とともに、地球そのものであるクリスタルを磨く。
 そこに、新たな命を吹き込むように、愛とともに。」

塩原基弘さんの作品たちはこちらから
塩原基弘さんの作品制作工程はこちらから

 約15年間、毎年数回アメリカへ渡り、
 メタフィジカルな天然石を中心に、様々な世界の石を集め、
 日本に届ける仕事を中心としてきた。
 
 世界的クリスタルワーカーであるMelody♪氏を日本に招き、
 ワークショップをオーガナイズ。
 
 自らも米国 A Melody♪認定クリスタルヒーリングの
 ティーチャーとして活動する、
 代表 塩原基弘氏。



「polished with Love  愛とともに磨かれる。」

と名付けられた石達は、眺め、手にとると、
まさにマザー・アース 母なる地球からの愛そのものに感じられます。


「一個一個の石のエネルギーはみんな違うので、
 それをしっかり感じながら 石に宿る精霊たちや、
 ミネラルキングダムから教えを乞うような気持ちで加工し磨いています。

 そして、原石に宿るエネルギーが、削りとられた粉に残らず、
 全て研磨した石本体へ移動してくれるように願いながら。

 その石のエネルギーが純粋に表出するのを邪魔したくないので、
 加工している間は、自分から石に余計な影響がないよう、常にセンタリングして、
 メロディに教わったユニバーサル・エネルギーを流すように意識しています。」

と語る塩原氏。 

その言葉どおり、彼の磨いた石達はどれも純粋で美しく魅力的。
優しくも力強い輝きを放っています。

わたしは、磨かれている石よりも、
どちらかというと原石が好き。
なぜなら、石本来のエネルギーをそのまま感じられるからです。
しかし、塩原氏の磨くPolished with Loveの石達に
なぜ、わたしがこんなにも魅かれるのか?
それはきっと、彼が語るように、純粋な石本来のエネルギーが失われることなく、
ちゃんとそこに存在し続けているからなのでしょう。

「一段階、一段階きっちりやっていくと、
 最後にコンパウンド(磨き粉)で仕上げる時に、もの凄く美しく光りはじめるんです。

 まるで魔法みたいに!

 その光りを出すためには、仕上げに至る工程の一段階、一段階、絶対に妥協はできません。
 そこまでは地道な積み重ね。 その先に魔法が起きるんです。

 全て手作業で、切断し、削り、磨くという全行程を自分でするのは効率は悪いけど、
 その分、石に対して愛情が湧き、
 なんというか… 母である地球との間の繋がりのエネルギーを感じられる。
 石とコミュニケーションしながら、それが形になっていくという、
 理屈じゃない、深い部分で沸き起こる喜びと充実感があります。
 それがまた、人に伝わった時の喜びもあります。」

と熱く語る塩原氏。


原石をスライスするところから、磨き上げる全ての工程を見学させていただきましたが、
一見すると、もう充分綺麗に磨けているように思うものでも、
様々な角度から石を観察し、じっくりと石と向き合いながら地道に作業をするというのは、
本当に好きじゃないとできないことでしょう。
その石に対する真摯な姿勢に感動しました!


そんな、石の磨き職人である塩原氏ですが、
磨きを始めたのは、クリスタルワークショップで使用する、
ネフライト・クォーツの面取りをした時に、
それまで以上に石のエネルギーを感じるようになったのがきっかけだそう。

そして、25年以上磨きをやっていて、Melody♪さんの盟友でもある
ボブ・ジャクソン氏に、その時の写真を見みせたところ、
「石の加工・研磨をやってみないか?」と誘われ、磨きの世界への探求が始まりました。

モノづくりはもともと好きで、夏にアメリカへ行くたびに、
ボブ氏に4〜5日間ぐらいかけて教えてもらううちに、
すっかり磨きの世界にハマってしまったといいます。

石に15年関わってきて、石の様々な側面を熟知した上で加工している塩原氏。
さらに石の構造や加工・研磨の理論も熟知しているボブ氏から講義を受け、
「感覚の部分」と「知識の部分」両方のバランスがとれた作品たちが生まれています。

何でも機械で短時間で、大量に生産できる時代。
手作業の加工・研磨職人はどんどん減ってきてしまっているそうです。

研磨をしながら意識が集中してくると、石の精霊さんなのか、コビトのおじさんが登場して、
ガイダンスをしてくれるような感じがすることもあるとか!

そんな中で、愛とともに磨かれ、
石の精霊がそのまま宿っている石たちを、
ぜひご縁のある方にお届けしたいです。


【Polished with Love 制作工程



一瞬の氣も抜けない研磨作業。
意識が集中していき、瞑想状態に。




石をスライスするところから研磨、仕上げまで
全て手作業。




通常全7段階に及ぶ研磨工程。
徐々にヤスリの面が細かくなっていく。




最後にコンパウンド(磨き粉)で仕上げる。
この時に、もの凄く美しく光りはじめる。




制作途中の石たち




全工程を終えて、美しく磨きあげられた石たち。

【ブルーカルセドニー】

ビフォー                  アフター

【クリソプレーズ】


【メタモルフォーシス】


【オパール1】


【オパール2】


【スギライト】






【ニューマイト】

moqu comoと天然木

【蓮の実アパートメントオリジナル・お香立て のお話し】


moqu comoさんの作品たちはこちらから
moqu comoさんのプロフィールはこちら
糸島檜のお香立て制作工程はこちら

糸島産の檜(ひのき)を20年近くもの時間、パリッパリに乾燥させ、
細部にまでこだわって作った「お香立て」。
ほんのり、檜の爽やかな香がします。

蓮の実アパートメント12年来のロングセラー「南インドのナグチャンパ用」に、
「お香立てが欲しい!」という多くのリクエストにお応えし、
このお香立てを制作することになりました。

オーナーひとみが作成を依頼したのは、
糸島生まれ、糸島育ちのこだわりアーティストmoqu comoこと薦田雄一さん。

わたしは薦田さんの作品を初めて目にして、彼の森林や木工作品に対する
まっすぐで誠実で、静かな熱い思いを聞いた時から、彼のファンになりました。

そして、蓮の実アパートメントの立て看板の制作を依頼し、
その細部にまでこだわり丁寧に丁寧に作られた看板を見て、
「これは間違いない!」と確信し、このお香立てを安心と信頼と期待とともに依頼したのです。

打ち合わせの段階から、とても丁寧な薦田さん。
じっくりと話を聞いてくださり、じっと考えながら彼の頭の中でイメージされていく。

わたしからの依頼内容は、

◎糸島産の木材を使うこと
◎ナグチャンパが丁度良い角度で安定すること
◎灰が飛び散りにくいこと
◎温もりが感じられるものであること

さっそく制作に取りかかってくださった薦田さん。

彼が選んだ木材は、何と20年も乾燥させた糸島産の立派な檜。

試作品を持ち込んでいただいた段階で、すでに改良点もなく完成されたものでした。
わたしが依頼したこと以上に、薦田さんの工夫が盛り込まれて、
とても素敵なものに。

内側をあえて火で焼き「炭化」することで、
万が一、火の粉が落ちても燃えにくくしてあるのです。

見た目にも、木の持つ渋味が増して素敵なものに。

「作るからには届けた時に、手にした人がいいね、と思ってくれるものを作りたい」
と話す薦田さん。
その表情は、凛として愛がある。

形は2種類。

ごくごくシンプルに空間に馴染むスモールタイプ。

もう一つは、檜の美しさを愛でることができるよう、
そして海に囲まれた糸島らしいデザインを意識した舟型タイプ。

お好みに合わせて選んでいただけます。

使い心地も、文句なし、と思っています。
わたしは毎日ナグチャンパを炊いているので、毎日このお香立てを使用していて、
心からそう思います。

ナグチャンパに火をつけて、それを香立てに差す時のスムーズさ。
そして、綺麗に灰が落ちるように設計された角度。
燃え尽きた時に出る灰も、さらっと捨てることができ、
なんのストレスも感じることなく、愛用しております。

温もりと実用性の両方を兼ね備えたお香立て、
オススメします!!


written by Hitomi


【蓮の実アパートメントオリジナル・お香立て の制作過程】



制作1・・・moqucomo工房内。糸島産の木材が所狭しと置かれています。
木の香りが氣持ち良い。


制作2・・・20年間、パリッパリに乾燥された糸島産の檜。
comoさんの手によって、お香立てへと変身します。


制作3・・・形が出来た後は、角を丸く削っていきます。



制作4・・・ナグチャンパが絶妙な角度で安定するように、穴を開けます。



制作5・・・バーナーで内側を焼き、「炭化」させることで、
香立てを火の粉から守ります。




▽これらの制作過程がYoutubeにて動画再生で観られます☆


香立て制作動画その1
香立て制作動画その2

【木工作家 moqu comoさんプロフィール】

 薦田雄一

 福岡県糸島市生まれ。森のお手入れ人。木工作家。

 脊振山地の大自然に抱かれながら、日々の生活を送る。
 森へ入り、森が健康的に育っていけるように手入れをしながら、
 父の時代から間伐された糸島の木々を使い、
 モノづくりをしている。


 moqu comoの屋号で作家活動を開始したのは約8年前。


森の手入れの際にできた間伐材や古材などに再び生命を宿す仕事
「もったいない、を生かす」。


日々変化し、日々成長しながら、遊び心も忘れず、
楽しくアイデアを出しながら作られる作品は、固定観念に縛られずに、どれも生き生きとしている。

nuuの深呼吸するドレス

蓮の実アパートメントオリジナル

【深呼吸するドレス】 〜 Days of Meditation 〜



のんびり、ゆったりと休息したい時。

深く自分自身と向き合いたい時。

ひらめきと共に、バリバリ仕事したい時。

いつも意識するのは、「呼吸」。

nuuさんの作品たちはこちらから
nuuさんのプロフィール記事はこちらから



深い呼吸は、ただ酸素を吸い込み二酸化炭素を吐き出すだけでなく、
宇宙の愛のエナジーを肉体にとりこみ、負のエナジーや感情を
再び宇宙へと返していくという、エネルギーの大切な循環作業でもあります。

体を締め付けているものから解放され、
深い呼吸ができた時、この循環がスムーズになり、
身体も心も解放され、リラックスし、感覚やひらめきが豊かになる。

結果、のんびり、ゆったりできるし、仕事もスムーズにできるようになるのです。

そんなことを日々思いながら、
もっとゆるやかに服を纏いたい。
素材や形、作り手の思いまでもが気持ちよい服を着たい。

オーナーひとみのそんな思いから生まれたのが
この「瞑想的ドレス」。


まずは、呼吸に大事な横隔膜を解放したいなぁ、ということで
ブラジャーなしでも着れるデザインで。

もちろんウエストを締めつけることもなく、
首回り、喉のチャクラを解放できるように。

そして、例えば瞑想する時に座禅を組むとき、
スカートの生地で脚が引っ張られることなく、ゆるやかに座ることができ、
しかも、脚全体が布に優しくおおわれて安心していられるように。



デザイン的にも、小物使いで様々な雰囲気を出せるように、
シンプルでいてスタイルも良く見えるように。

素材はもちろん、身体を守ってくれる天然素材・リネンで。

長く愛用できるように、しっかりとした縫製で。

こんな思いを全て叶えてくれたドレスが完成しました!


わたしの願いを叶えてくれたのは、
タイの古都チェンマイと福岡を中心に活動されている「nuu」のお二人。

彼女たちの作る服を見て、着て、
服が作られる工程の丁寧さ、こだわりに共感したのです。

わたしのこだわっている部分をお伝えすると、
すぐに理解してくれて、デザインを一つにまとめてくれたのは葉子さん。

パターン起こしから、サンプル作成をしてくださったのは
チェンマイ在住の裕子さん。

縫製と刺繍をしてくださったのは、チェンマイの山岳少数民族のモン族の一家族。

nuuのお二人、モンファミリーの皆様、本当にありがとうございます。



着心地。。。  心地よい◎

お腹いっぱいに呼吸ができる◎

服を着ているのに、身体はゆるまり解放されていく◎

リネンの生地もしっかりしていて、
洗濯してもヨレないし、シワにもなりにくい◎

最高です◎



サイズはフリーで、色は日本人の肌を引き立てる色を4色ご用意しました。

ぜひ、着てみてください。


<nuu のものがたり>

nuu の洋服と小物たちは、チェンマイと福岡を中心に活動する
ちびとのっぽの日本人ふたりがデザインとパターンを担当し、
タイの古都チェンマイの山岳少数民族、モン族の一家族が
縫製と刺繍を担当して出来上がります。

モン族は空に一番近い民族と自称し、縫い物や刺繍を得意とする民族です。
nuu のお洋服は奇のてらったデザインというのはあまりありませんが、
身につけてみると、素材と縫製のクオリティ、着心地のよさ、ラインの美しさを
感じていただけると思います。

モンファミリーがぬう手刺繍は
どこかなつかしいあたたかな日のひかりを呼び起こし、
今と、それと結びついて
自然の彩を運んできてくれる。

自然素材と手仕事、彩をあわせ、
ふんわりと包んでくれる
心地よく いとおしい服たち

みなさまと出会えるのを心待ちにしております。


- nuu ( ぬう ) -


着心地の良いリネンなどのナチュラルな素材を使用し、
年齢を問わず、長く着ていただける洋服になっています。
アイテム・サイズごとに手引きの型紙を作り、
一着ずつの生地裁断と縫製、ボタンや刺繍もひとつひとつ手で縫い付け、
仕上げに製品洗いをしています。
これらはとても時間のかかる作業ですが、手間と時間をかけることで大量生産にはない、
手仕事のぬくもりのある洋服をお届けしたい。
という想いのもと作られています。


mani 祈りと祝福のピアス


【 mani 祈りと祝福のピアス 】


    
ワタシニツナガルスベテノモノヘ愛を込めて…

祈りと祝福とともに生まれるmaniピアス。

maniさんの作品たちはこちらから
maniさんのプロフィールはこちらから



わたしが知っている魔女たちの中で
とびきりのセンスと繊細なやさしさに溢れているのが
糸島の魔女 mani。

植物や鉱物の精霊とつながり、
インスピレーションのままに生み出されるmaniの作品たちは、
どれもその個性と役割を明確に宿している。

守護するもの。

道先案内をするもの。

つなげるもの。

パワーをひきだすもの。

サポートするもの。


身につけて、おしゃれでありながら、
ただのアクセサリーだけではない働きをしてくれるのがmaniの作品。

もちろんわたしも、そんなmaniピアスのファン。

数点持っているので、毎日気分や服に合わせて変えてみようとするのだけど
なぜか魅かれるのが、いつもほとんど同じもの。
きっと、その時期の自分にとって、それが必要なエナジーだから、
毎日同じものを身につけたくなるのでしょうね。
パワーストーンのアクセサリーなども、それと同じ感覚です。

あなたのインスピレーションで
あなたの元へお迎えしてください。


maniさんには、これからピアス以外のアクセサリーや
薬草を使った魔法クリームなどを依頼したいと目論んでいます。


written by Hitomi


【mani◎Profile】

心に光と風を
自然や植物、鉱物、夢の中からインスピレーションを貰い
色を使いカタチにしていきます。
ワタシニツナガルスベテノモノヘ愛を込めて…
 

うつわセレクション

【たんたんセレクト 〜 九州のうつわ】


九州のうつわセレクションはこちら
うつわを語るブログ『ら いまり る ありた』はこちら

ら いまり  る ありた

楽しく、健康に生きるための基本、
毎日の食事。

その時間と場所を演出する食卓を、
うつくしく、こころに響く体験へ、
こころが豊かになる時間に。

ら いまり る ありた は、
料理を愛するひとと
食べることを大切にするひとのための
伊万里、有田のとっておきの器を
あつめたセレクトショップ。

大地からの愛と
創り手の思いが
生みだした美しい器は
ひとつひとつが
個性にあふれ
使い込むほどに
愛着が湧いてくる…

そんな有田、伊万里からとどけられた器で
あなたの毎日の食卓を
楽しく美しく彩りたい、と思っています。

大好きな音楽を聴くような気持ちにさせてくれる、
大好きな絵を観るような気分にさせてくれる、
そんな器とともに暮らしていく。

ら いまり る ありた は
あなたの毎日の食とテーブルを
美しく、深く、彩ります。

ゆっくり、ご覧になっていってください。

たんたん